1. HOME
  2. 店主のブログ
  3. 断捨離  2019.4.24 | 玉倉神仏具店
  • 断捨離  2019.4.24

    2019.4.24カテゴリー: 店主のブログ

    断捨離 (だんしゃり)                                      2019.4.24

     

    不要な物を減らして、生活に調和をもたらす思想であり、山下英子の著書において発表された。(ウィキペディア)

    当店の本店・工場の建て替えに伴い、私の私物、家族や仕事関連の品物を、選別して大幅な断捨離をする事になったのです。

    この本店・工場は住居になり、工場は近くの当店倉庫の一部を改装して、工房として生まれ変わります。

    ここでは、私の私物の断捨離についてお話します。

     

    長い歳月を経て、それらは、経年変化を起こしていたり、埃にまみれていたりです。

    先ず、取り掛かったのが、25歳から数十年間、受けていた英語の個人レッスンに関するノート、テキスト、参考者、辞書、録音カセットテープ。

    何とか、話せる様になりたいという一心で、夢中になっていた痕跡がノートに詰まっていて、淵が黄ばんだ

    ノートをめくると当時の自分に戻ります。

    ビニールカバーのノート、金属リングで束ねられているノート、革張りのノート、など様々で年代毎に、ノートの嗜好が違っていて、心境の変化が解るのです。

    皮張りは、この部分がべたべたになっていて、期待外れでした。

    数冊の分厚い英語関係の辞書、小説の数々も思い切って断捨離。

    現代になり、ネット検索が出来たり、大型辞書が数冊も一機の電子辞書に収まっていますからね。

    私は小説に限らず、書籍に書き込みを入れる癖があり、古本屋は買いとってくれないのです。

    古紙回収業者はビニールカバー付きや、革張りや金属リング付きのノートは嫌がるのですが、

    なんとか回収してもらっています。

    50kg以上はお金をくれるそうですが、こちらとしては、処分して頂けるだけでも助かるので、計量は

    無しです。

     

    次の断捨離は、これまた、ながーくやってきた、書道関係。

    大別して、手本関係、作品、未使用の半紙、半切紙、墨、そして、筆、雅印、硯などですが、

    手本は、歴史上の有名書家の作品(主に中国)の拓本類、師匠の自筆手本(折帳)ですが、

    流石にこれは処分できません、保存です。

    未使用の紙類、墨、そして、雅印、筆と、大小数々の硯も保存です。

    この硯は石ですから、まとまると重い。

    大量の墨が擦れる、墨すり機械も保存です。

    大量に墨を使う場合、墨液を使うことが多いのですが、墨液は筆が傷むし、墨色が悪いので、

    使っていません。

    作品関係は、今となっては、昔の作品の未熟さが目立ち大量に処分。

    しかし、甥や姪の幼い時に書いた書は保存です。

    今、見て、それらの素晴らしさに愕然としています。

    幼い子供達の、まだ、書に対して、筆法に対して教えが入る前の生の書の表現の素晴らしさを

    目にして、教えられる事で失う感性があると、思い知らされます。

     

    次の断捨離は、これまた、ながーくやってきた、写真関係。

    フイルム時代のものばかりです。

    ネガフィルム、ポジフィルム、多くのプリントされたショット。

    仕事関係、家族関係のもの、とりわけ、今は30~40代になる甥や姪の幼い頃や、亡くなった祖母、父などのショットは処分出来ません。

    若き友人達、今は亡き友人達の元気な姿が残っていて、現代に蘇ります。

    今は殆ど、帰国している外国人の友人達と楽しんだ、バーべキューのショット。

    私がライフワークにしていた、工業地帯の写真。

    思い出が満載で、選別に苦慮しています。

     

    後、残りはカメラ機材の一部が残っています。

    手作りしたレフ板、アンブレラもあり、思いいれが強いです。

    フイルム時代のカメラは全部、乾燥庫で保存しています。

    デジタルカメラの便利さや性能を知ってしまって、もうフイルムカメラは使わないと

    思うのですが、お小遣いを貯めて買った1台1台のボディー、1本1本のレンズ、そして、

    数々のアクセサリー部品。

    それらには私の情熱が含まれていて処分の決心がつきません。

    当時、新しいカメラを購入してから、暫くの間は枕元に置いて寝たほど嬉しかった。

    昨今のデジカメは、3年もすると型落ちになる程、性能の進化が著しくて、最早、嗜好品から

    消耗品になってしまって、この型落ちしたカメラをフイルムカメラの様に、手放さないでおこうとは

    思えなくなっています。

    友人が世の中の進歩は、もう、程ほどで良いと言っていたのを思い出しました。

     

    凡そ、40年前に描いた私の絵画が出てきました。

    画用紙にクレパスで色を重ねて、上層のクレパスを削り、下の色を出す画法です。

    タイトルは creature. (クリーチャー、神の創造物の生き物。神が私を創造し、私が想像した生き物)

     

    断捨離はまだ残っているのです。

     


お問い合せ